FC2ブログ

 17,2019 屋根と天井 READ MORE

 12,2019 上棟 READ MORE

 10,2019 床断熱 READ MORE

 05,2019 土台 READ MORE

 30,2019 プレカット&手刻み READ MORE

 18,2019 基礎配筋 READ MORE

 11,2019 登り梁の家 READ MORE

 01,2019 令和元年 READ MORE

 13,2019 水路橋 READ MORE

 21,2019 地盤調査 READ MORE

 09,2019 現場 READ MORE

 05,2019 首里 READ MORE

 23,2019 もっと遠くへ READ MORE

 12,2019 great design READ MORE

 26,2019 vectorworks2019操作体験会 READ MORE

屋根と天井

上棟日は登り梁を掛けるまで進みました。次は天井板張。構造用合板を張りますが、針葉樹ではなく仕上げ用です。柄は無いのですが、色合いが近いものを選んで張っていきます。屋根面から見るとバラバラですね(仮留めの状態で、墨打ちをして釘留めします)次はジョイント部分に防水気密テープを張ります。そして1層目の断熱材・ネオマフォームt60を転ばし母屋と一緒に組んでいきます。このネオマフォームは熱伝導率、最高水準の0.0...

上棟

【登り梁の家】 祝上棟...

床断熱

土台、大引き敷の後はこの断熱材を隙間なく入れていきます高性能グラスウールです。剛床なので28㎜の構造用合板を土台と大引きに直接張ります。そして最後に、雨が降っても完璧ではありませんがある程度の浸水を防ぐ粘着シートを張って養生します。...

土台

土台敷き込み、大引きを施工しています。剛床なので、この後は断熱材を入れそしてネダノンを張ります。その後は養生防水シートを張り、水濡れを可能な限りふせぎます。お天気さん、なのとか持ってください。...

プレカット&手刻み

登り梁の家 の登り梁と、その梁が架かる桁、母屋。その他関連部材を手刻みで加工しています。もの凄くワクワクしてます。その反面上棟後、雨ざらしに出来ないので綿密な施工計画を立てているのですが、そのプレッシャーも感じています。色んな意味で楽しみです。...

基礎配筋

メインの基礎梁配筋です。この梁を広いLDK部分に十字型に入れています。なかなかの迫力。5月20日(月)公的機関の配筋検査を受けます。...

登り梁の家

さあ、いよいよ始まりました!【登り梁の家】...

令和元年

「いま、会いにゆきます」2004年の映画です。観てる最中自分の中学生時代の恋愛の事や、結婚や子供の事・・・いろんなことがオーバーラップして来てとても不思議な空気に包まれた感じになりました。令和元年の初日いい映画に出会いました。15年前の映画ですが、見るべき時は今だったんでしょうね。人生って、生きてみなきゃわからないよね、最後まで(笑)...

水路橋

これもBIMBIMによる設計は万能です。着々と進んでいます。...

地盤調査

地盤調査立ち合い現場へ行くと現場側の話を聴けるので面白い。地盤調査も色んな現場があるようでココは最高です、と。(笑)地盤も最高であってほしい。...

現場

昨夏竣工した公民館の床無垢材なので多少の動きがあり、その中の節の部分の補修です。浮いた節を取り、ドリルで穴を堀り埋め木します。この床は区民の方々からすごく喜ばれている、との事でした。よかったです。↓は現在改装中の現場です。先は長いそ。。...

首里

ローソンは首里バージョン?...

もっと遠くへ

レミオの存在は知っていましたが彼らが現役の時は聴いていませんでした。で、数年前にyoutubeで見て「良い!!」ってなった時は、活動休止?していました(笑)メロディー、詩、共に響きます。...

great design

...

vectorworks2019操作体験会

1月25日博多バスターミナル貸しホールで行われたvectorworks2019操作体験会に参加しました。vectorworksというのはBIMソフトで、図面を描くCADの進化版です。時代はすでにCADではないです。しかし、参加者から聞いた話では、福岡県の図面納品はJWだということでした。(*JWというのはCADです)個人的にはCADで仕事する感覚はもうないです(笑)そういえばプレゼンは3次元ソフトで図面はCADで、なんて話をその昔聞いたことがありま...