Photo Gallery

許容応力度計算の審査、意外と時間がかかるようです。


年度替りで
今までの担当者が異動となり担当が変わるとは聞いていましたが
何度かメールを入れたけど返事がなかったし(原則メールでの質疑応答)
ちょっと??と思ったので電話してみました。


「審査中」とのことでした。


わかりました。
待ちます


その間、やれる事をやっておこう
高断熱・高気密住宅に住む人も住まない人も参考にしてほしいです。
DSC_0944.jpg

ちょっとした工夫が住環境を快適にします
ただ漠然と住んでいるだけではもったいないですよ

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 田川情報へ
骨折から約3週間、とりあえず外れました。
913670_445133268909031_1568319843_o.jpg

まだ痛みはありますがリハビリがんばります

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 田川情報へ
階段足元用の照明器具
名称未設定1

コンセント付きもありましたが要らないっしょ。
欲言えば、本体がもうちょっと小さければいいけど。
実は、ウチの会社。

NPO法人 新木造住宅技術研究協議会、略して「新住協」という組織に賛同し属しています。
top_bana.gif

高断熱・高気密に特化した家造りの技術を全国へ広めようとしている組織です。
この技術・情報が欲しければ加盟金○○○万円払いなさい、といったようなセコい組織ではなく
良いもの、素晴らしいものはどんどん広めて住宅全体の底上げをしようという組織です。
気持ちがいいですよね。

あのIPS細胞でノーベル賞(生理学・医学賞)を受賞した山中教授はどんどん発展させて人類・世の中のために役立ててほしいと、特許申請などしていないと聞いています。

同じ志ですね



あ、話を元へ戻します。


一時期「高気密高断熱」という言葉が一人歩きしていましたが、漠然とではなく
何故断熱性能を上げるのか、何故気密を高めなければいけないのか、を明確にしています。

余談ですがこの「高断熱・高気密」という言葉もこの会(鎌谷教授)から生まれたものです。


今回はその新住協の本を進呈いたします。


新住協はその性質上、宮城県に本部を置き東北・北海道が主なエリアとなっていますので、出版社も㈱札促社という北海道の会社です。九州ではなかなか読む機会がないですよね(笑)


部数に限りがあるので今回は先着5名様とさせていただきます。
(少なくてゴメンナサイ)
メールにてお申し込み下さい。
*申し込み先から追い掛け営業をするようなこそくな事は絶対にいたしません。良いと思うものを広めたい知ってもらいたいだけです。何よりも私の生き方に反します。ご安心ください



にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 田川情報へ
伝統的木造住宅の柱脚の滑りの解析(ver.2の新機能)です。


足元が滑っているので倒壊していないのか、足元が滑らなければ倒壊するのか?
しかし実際の住宅では基礎と家の土台は緊結しなければいけないとなっています。

それにしても、揺れ方のバランスは良いですね。
見える範囲で、破断寸前になっている部位は見当たりませんね。


同じシチュエーションでの解析をみてみたいですね。
P4050009z.jpg

上↑のように屋根をかける計画を相談されています。
(正確に言うと相見積らしいです、でも前もって知らせてくれているので有難いです)

で、
間口4550をとばすので
登り梁、屋根たるき兼用の部材を使おうと思っています。

感覚としてはH=240は必要かな?と。。。
しかし計算してみると210でも十分、180だとたわみ量が6.2mmほどになりますが
なんとかいけそうなんですね

波板鉄板葺き+下地胴縁で設計荷重は200N/㎡としています。
タルキ間隔は600mm

昨日の時点で
計算前はW30×H240をWで600ピッチと考えていたので、コスト面でかなり下がりますね

と、まあこんな感じで
相見積だろうが何だろうが自分の仕事としての対価を見積金額として計上します




にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 田川情報へ
昨夜のラン中、アスファルトか排水溝かよくわかりませんが
道のわだちにはまってしまいました。

河川敷で外灯がなく
以前も何度か足をとられそうになって「危ないな」とは思っていたのですが
昨夜はモロにはまりました。


瞬間、!?!? 捻挫!?足首?いやちょっと違うぞ??

痛くてうずくまっていましたが、冷静にそんなことを考えていました。
その後シューズがパンパンになっていくのが感じられました。

しかも家まではまだ残り2km~3kmはあるところです。


痛くてたまらんかったですが40分ほどかけて歩いてなんとか帰宅しました。



で、今日病院で診てもらったところ
レントゲン写真を見た先生が開口一番

「あ、やっちゃってますね」と。
DSC_0923a.jpg


はい、骨折でした。

人生初です
にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 田川情報へ

WHAT'S NEW?