Photo Gallery

DSC_1868z.jpg

構造に関連する工事はほぼ終了しました。
ここから外壁はサイディング屋さんへバトンタッチです。

大工さんは内部造作へとはいっていきます。
G-house2014における設計の根幹の一つがこの窓。

DSC_1856z

2階階段室及び廊下を吹き抜けとし、そこの高窓です。
この窓を季節や気候などの状況に応じて開閉することにより、家の中に気流を作ることができます。

これは気密が確保されていることが最低条件となります。
春や秋の気持ちがいい季節は窓を積極的に開閉することで、快適にすごせる空間になります。

家にとって窓は重要なデザインの一つですが、デザインありきではなく、まずは機能性を第一に考えなければ良い設計とは言えないと思います。

仕上がりが楽しみです


poij.jpg
ゴム化アスファルトルーフィング(改質)「モラサン」ベタなネーミング・・・けっこう好きです(笑)


qwe.jpg
構造金物 通し柱頭部 ホールダウン28kn耐力



rewq.jpg
剛床 28mm 4方釘N75打ち 床倍率3


9uhgvf.jpg
1F床断熱材 A種フェノールフォームt=60(ネオマフォーム 熱伝導率0.02(カタログ数値)

で、本日は基準法中間検査(瑕疵担保履行法共)、フラット35適合検査でした。
無事に終えることができました。

ありがとうございました。
壁の気密層は耐力面材ダイライトで取っています。
DSC_1750a.jpg

そして一手間加えているのが気密・防水テープを先貼りしているところです。
ダイライトのジョイント部分に黒いテープが見えているのがそれです。
DSC_1749a.jpg

こうすることによって、気密性がより保たれることになります。

WHAT'S NEW?