Photo Gallery

例えばこういう立方体があります。

12;lkjs




2次元で表現する場合、前、右、左、後ろ、下、上、何処から見てもこういう表現になります。↓

12hjdkla.png



では、この二つの立方体は実際にはどうなっているのか?
2次元の場合では上と同じように、どこから見ても同じ立方体が並んでいるように見えます。

12tzvn2.png



しかし実際にはこういう立方体が二つ並んでいるのです。

12tbvc.png


2次元設計の限界です。

建築業界では未だに、プロが描く設計図はこの2次元で行われています。
自動車業界、機械産業界は3次元設計が当たり前です。
(最初から3次元設計だったとも)

建築物は3次元です。
それを、わざわざ2次元へ一旦表現し直して(この段階が設計図)、そしてそれをまた3次元の建物として現場で造るのです。

でも、上記のような立方体はどんな先生でも2次元設計図では表現できないのです。

だったら、最初から3次元で設計すればいいだけの話なのですが・・・
クライアントとのイメージ・情報共有は2次元に比べると雲泥の差ほどあります。

あのHONDAの創業者、本田宗一郎さんは

『技術は人のためにある』
技術は人に役立つために、培い、磨き、使うんだと仰っています。

人のためになりましょう。
今日は午前中に
福岡県建築住宅センターへ。

そこからのショットです。
涼しくなりましたが、まだ夏の匂いがしますね。
14355616_1103450043077347_9015520209905039961_n.jpg

それから
今日は私の凡ミスから
お客様にご迷惑をかける事がありました。

こころからお詫び申し上げます。

そして
より一層頑張ります!!

本日はありがとうございました。
超ひさしぶりにチューブを買いました。

12jhdopi.jpg

ちなみに
最近は専らランだけですが、以前は3種目(スイム・バイク)やってました。遠い過去の話ですが・・・

実はお盆前に息子のママチャリのチューブ交換(パンク修理ではありません)をしたところ、コレが大変な作業でした。
ロードバイク等は簡単にタイヤが取り外せるようになってるのですが、ママチャリは重いし色んなモノが取り付いてるし・・・(汗)

ま、そんな前フリもあってかどうかはわかりませんがロードバイクに乗ってみよう、ってなりました。

でも明日は台風12号が来るんですよね(・・;)

WHAT'S NEW?