FC2ブログ

 25,2017 基礎配筋 READ MORE

 19,2017 2年前 READ MORE

 13,2017 現場も READ MORE

 08,2017 モデリング READ MORE

No image

年の瀬

今年1年、たいへんお世話になりました。心より感謝申し上げます。年末年始休暇は12月30日~1月5日までです。来たる2018年が皆さまにとって、素敵な1年になりますようお祈り申し上げます。...

基礎配筋

基礎梁で、通常人通口の補強筋そしてスパン2.5間や3間のLDK等は基礎梁の負担巾が自然と広くなります。その基礎梁に人通口を設ける場合、位置と補強筋が非常に大切になります。配筋量は構造計算(ソフト)、位置は1/4L としています。そして、配管スリブは長期優良住宅仕様のサヤ配管。本日は、住宅保証機構の配筋検査を受けました。指摘箇所ゼロでした(^^♪年内に立ち上がり部の基礎まで打設し、年末年始を養生期間とする予定で...

2年前

丁度2年前の画像ですが、プレゼンに使用したものでジオラマっぽくて、今見てもなかなか良い感じがします(笑)実際のプレゼンでは印刷物ではなく、PCをTVモニターに接続して行いました。このリノベーション、ファーストプレゼンからほぼ1年後の11月に着工し、今年の1月に竣工いたしました。良い仕事ができる環境を与えていただきありがとうございました。...

現場も

昨日は時折、雪降る中杭芯出す作業、そして今日は杭打ち立会です。ここにきて寒波襲来、、寒いです。でも、現場も好きです(笑)...

モデリング

基礎設計2次元配筋モデルです。でも、実際はこうなってます。遊んでいるわけではありません(笑)このモデルから基礎伏せ図、杭伏せ図を取り出します。もちろん数量等も管理しています。コンクリート強度等の情報を与えることも容易です。いわゆるこれがBIM手法による設計です。このような感じで建物全体をPCで作り上げます。BIMメリットを挙げればきりがありません。一番は、建築主はもちろん、設計者、施工者の3方良しを実現し...