FC2ブログ

 25,2017 基礎配筋 READ MORE

基礎配筋

基礎梁で、通常人通口の補強筋そしてスパン2.5間や3間のLDK等は基礎梁の負担巾が自然と広くなります。その基礎梁に人通口を設ける場合、位置と補強筋が非常に大切になります。配筋量は構造計算(ソフト)、位置は1/4L としています。そして、配管スリブは長期優良住宅仕様のサヤ配管。本日は、住宅保証機構の配筋検査を受けました。指摘箇所ゼロでした(^^♪年内に立ち上がり部の基礎まで打設し、年末年始を養生期間とする予定で...