FC2ブログ

前回、この秋の夜長は「読書の秋」と書いたので、一番最近読んだ本を紹介したいと思います。


      「手紙屋」 喜多川泰 



私の子供が就職の時期を迎える頃、この本を手渡そうかと考えています親が子供に対してこの本のように説くよりかは、本を読む方がより心に響くのでは、、
個人的には前作の「君と会えたから」のほうが好きかな?・・・
あくまでも私の感覚です。

私が読む本の内容は「スキルアップ」的なものが多く、いつも本が付箋だらけになっていますで、今回は少し気分転換したくて以前から気になっていたこの本を手にとりました。


良い本です。

Comment 0

Leave a comment