モデルと整合性ある数値

 19, 2014 20:17
平成25年省エネ基準、取得日射量補正係数の詳細方法計算式を、とりあえずエクセルで作成してみました。

とりあえず数値が拾えればいいのでレイアウトは・・・^_^;

無題25年省エネ2


で、これをvectorworksで窓のレコードフォーマットに反映させる予定、あくまでも予定・_・。

ま、ダイレクトに反映出来なくても、レコードフォーマットに数値が手入力でも出来ればいいので何の問題も無いです。

そのVectorworksではモデルから外皮各面積をリンクさせて外皮平均熱貫流率のワークシートをBIM完成?させます


コレが一番大きく影響するとすれば

後に「計画変更」があった場合。


段階が多いだけに、主要な数値を変更するだけで出来るだけ容易に済むようにしたい。

がんばります!(^^)!

COMMENT 0

WHAT'S NEW?