デザインと機能の両立

 23, 2015 08:44
G-house2014における設計の根幹の一つがこの窓。

DSC_1856z

2階階段室及び廊下を吹き抜けとし、そこの高窓です。
この窓を季節や気候などの状況に応じて開閉することにより、家の中に気流を作ることができます。

これは気密が確保されていることが最低条件となります。
春や秋の気持ちがいい季節は窓を積極的に開閉することで、快適にすごせる空間になります。

家にとって窓は重要なデザインの一つですが、デザインありきではなく、まずは機能性を第一に考えなければ良い設計とは言えないと思います。

仕上がりが楽しみです


COMMENT 0

WHAT'S NEW?