既存不適格建築物

 23, 2016 15:23
uipowq7843025.png

建築された当時の基準法には適法だったけど、現在の基準法には準拠していません。

というのが既存不適格建築物なのですが、
まずは当時の建築基準法には適法でした、というのを証明しなければいけません。
当時の施工記録、写真、詳細図などがあれば証明しやすいのですが・・・

今回はほぼ無いです(汗)

当時の建築確認済証(完了検査済証は無し)と添付図面を基にし、そして基準法データベース(ICBA)とにらめっこしながら作業を進めていきます。

現場調査も当然必要になってきます。
小屋裏に入ったりしなきゃいけないので、この時期着替えを用意しといた方がよさそうですね(滝汗)( ̄▽ ̄)。。。

COMMENT 0

WHAT'S NEW?