「情緒」

 19, 2008 16:50
コチラ九州福岡は梅雨らしい雨が降っています。

前にも書いたかもしれませんがウチの事務所はガルバリウム鋼板瓦棒葺きのいわゆる鉄板屋根。なのでこんな雨の日は室内に雨音が響き渡ります。ちなみに最近設計させていただいたお宅も同じ仕様。

雨音が響いてうるさいんじゃないの?って言われますが、これが意外とそうでもないのです。

というのも、そもそも脳には左脳右脳があることはご存知だと思います。
その役割は決まっていて左脳は言語などを聞き分け、右脳は音楽や機械音、ノイズ(雑音)などを聞き分けます。これは日本人、外国人問わず同じなのですが、決定的に違うのが日本人は雨音を左脳で受け止め外国の方は右脳で受け止めるそうです。ここが大きな違いです。

ということは雨音を日本人は雨の声、雨のささやき、として聞き入れけっしてノイズとは感知していないということです。ちなみに虫の鳴き声も同じように感知しているようで、雨音や秋の夜長なんかにすずむしの鳴き声を聞くと、どことなく情緒豊かな気持になるのはそのせいなのかもしれませんネ。

日本の文化にはそういった独自の奥ゆかしさがあります。

ですので
ガルバリウム鋼板屋根のお客様も雨音がうるさいなんてきっと感じていないと思います




にほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へブログランキングにエントリーしています。
↑の【福岡情報】をクリックしていただけると嬉しいです。
皆様の暖かい1日1回のクリックでランクアップいたします。
「カチッ」。。。ありがとうございます。

COMMENT 6

Thu
2008.06.19
17:05

ビルダーナース #-

URL

虫の音を日本人は左脳で聞く、というのは私も聞いたことがあります。だから虫の音が情緒的に私たちは感じられるのでしょうね。
雨音もその振り具合で表現方法がたくさんありますし。
自然の音を綺麗だと感じられて幸せですよね~。
これをうるさいとか感じるなんてもったいない。

Edit | Reply | 
Thu
2008.06.19
19:40

田川のノッポ #-

URL

毎日お疲れ様です。ひさびさ?はじめて?コメントします。
自分で言うのは何ですけど 自社の出窓屋根の雨音は
古い製品でもあり ポンポン となって
少し右脳で感じます。(>_<) それと相変わらず壁と床との間から
少しづつ雨水が・・・。(-_-) しばらくは 雨は壊れたピアノです。

Edit | Reply | 
Thu
2008.06.19
20:43

岩根建築 #-

URL

へー初めて知りました。
それじゃあ私の家の近くのカエルの合唱も左脳で感じてるって事ですかね?毎晩、ゲロッ、ゲロッって鳴いてますよ!

Edit | Reply | 
Fri
2008.06.20
08:42

haracyu #-

URL

b_ナースさん
そうですよネ、絶対もったいないですよねー。
小川の流れる音もその部類に入るみたいですが
それを「せせらぎ」なんて情緒豊かに表現するのも
日本の文化そのものですネ。

田川のノッポさん
こちらでははじめまして。
でも「ポンポン」と表現できるということは
しっかりと左脳で聞いているという事じゃないですか(笑)

岩根建築さん
ゲロッ、ゲロッ、・・・おそらく左脳だと思います。
でも合唱となると音楽なので右脳かなぁ(笑)

Edit | Reply | 
Fri
2008.06.20
10:25

gonsuke #-

URL

haracyuさん
雨音は右脳でキャッチするんですね。
やさしく、ロマンチックな音。
うちの事務所の前面は、車がよく通る道路なので、雨が降ればタイヤの音が耳障りです。
あきらかに自然の音じゃないですものね。

Edit | Reply | 
Fri
2008.06.20
12:54

haracyu #-

URL

gonsukeさん

そうですね、
たしかにあの音は
二次的三次的な要因によるものですからね・・・
右脳に聞き入れられてもおかしくないですネ(笑)

Edit | Reply | 

WHAT'S NEW?