FC2ブログ

子供部屋

個室を考える

特に子供室です。

今日もニュースで中学3年生の娘さんが父親を包丁で刺殺すると報道されていましたが、近年の未成年者による残虐な事件が後を絶たないのも、住宅の間取りと関係が全く無いとは言い切れないようです。

日本古くからの住宅はいわゆる「田の字」型。
これには人間社会において必要な、気配りや気遣い、思いやりが自然と子供たちへ身に着くようになっていたようです。

田の字型の間取りは障子、襖で間仕切られただけで、中廊下などは存在せず各部屋が連続して配置されていました。個室として使う場合でも襖などで間仕切られているだけなので意識せずともお互いに気を遣って生活をしていたようなのです。このようにして自然と身に着いていたのです。

しかし、いつからかは分かりませんが、親が子供のためにと思い勉強部屋を与えました。そして良い学校へ進学し良い会社へ入り、終身雇用で退職後も退職金&年金で老後も安心、みたいな時代背景があったためかもしれません。

時代背景がそのような時代ならまだしも、これが昔ほどではありませんが現在も根強く残っている感じもします。この子供部屋を造ったことにより、ちょっと家族間で嫌な事があるとすぐに引きこもってしまうという子供にとっての隠れ部屋となってしまったようです。

このように逃げ場を与えてしまうと、嫌な事に対処しようとしなくなります。そして家族間でのコミニュケーションがとれなくなりどんどん悪循環に陥ってしまうようなのです。

しかし面白いのは部屋の机で勉強するよりも家族が集まるリビングで勉強するお子さんが多い事実と、リビングで勉強した方が入試などの緊張する試験でもプレッシャーをあまり感じずに良い結果がでるようなのです。それから社会人になっても人との付き合いが上手く出来るようです。居間で勉強しているお子さんを、子供室へ追いやるようなことだけは止めましょうネ。


近年の未成年者による事件も間取りとの因果関係が無いこともないようですが、だからと言って、子供室を造らないという極論に達するのではなく、少なくとも家族でコミニュケーションがとれるようなプランニングをしなければいけないと感じたのでした。


しかし、いくら間取りをそのようにしたからといっても、結局は親と子がお互い理解しあおうとしないことには意味がないような気がしますネ・・・



にほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へブログランキングにエントリーしています。
↑の【福岡情報】をクリックしていただけると嬉しいです。
皆様の暖かい1日1回のクリックでランクアップいたします。
「カチッ」。。。ありがとうございます。

Comment 2

2008.07.19
Sat
20:42

gonsuke  

haracyuさん
うちもご家族のことを考えて、リビング階段を提案することが多いです。
冷暖房効率を考えると、廊下からの方がいいのかもしれませんが、家族を顔を会わせてから、自分の部屋に行くことが重要だと思います。

2008/07/19 (Sat) 20:42 | REPLY |   
2008.07.20
Sun
11:54

haracyu  

gonsukeさん
おっしゃるとおりだと思います。
今までの私のプランではそのあたり、配慮が足らなかったような気がしています。今後は改善していきます。

2008/07/20 (Sun) 11:54 | REPLY |   

Leave a comment