FC2ブログ

あなどるなかれ

今朝7時のNHKニュースで耐震実験のもようが放送されていました

昭和56年以前に建てられた二階建てをそのまま再現された建物と、それと同じ建物に耐震補強(壁をパネル等で補強)した建物に「震度7」の力を加えて試すものでした

結果は補強無しの建物は「倒壊」、補強された建物は壁にヒビが入った程度でおさまっていました。詳細な耐震補強の施され方はわかりませんが、キャスターが「パネル」と言っていましたので主な耐震補強はパネルでされたものと考えられます。

外壁の塗り替え、部屋の改装等、壁になにかしら施工範囲が及ぶ場合は構造用合板パネルを張るなどの耐震補強はしといた方がよさそうですネ。補強工事はそんなに大がかりなものにはならない場合もございます。まずは、耐震診断をし的確な箇所(要所)に補強をすれば「倒壊」は免れると思います。

お気軽にご相談下さい

Comment 0

Leave a comment