誇らしげ・・・

 13, 2007 18:05
今日は築40年以上のお宅へ行ってまいりました。

ニ間続きの和室8畳を取り巻くように縁側が配置されていて、その縁側天井は外からの化粧垂木が伸びており、なんとも言えない落ち着きをかもし出していました。家の方は大工さんが精魂込めて造ってくれたと誇らしげに話しておられました。

現在のモダンな家もいいですが、こういった伝統的日本建築もまた違った魅力を感じます

COMMENT 0

WHAT'S NEW?