気付く時・・・

 27, 2009 18:55
今朝の新聞に住宅ローン返済に苦しんでいる人が増えている
との記事を目にしました。


リストラや賃金カットなどで返済に困窮するご家庭に
銀行も対応に追われているとのことでした。

対策としては
月の返済額を減らし返済期間を延長する等が
あげられていました。

それぞれの銀行で応対が違うかもしれませんが
もし今、このブログを偶然目にした方で
返済が苦しい状況の人がいるならば悩んでいないで
銀行へ相談することがベストだと思います。


それからコレは新聞の記事ではなくテレビでしたが
奨学金を利用し学校を卒業した人が、この不景気で
就職がなくアルバイトで生活し、奨学金返済までできない
といった内容でした。

奨学金は貸与型と給付型があるらしいですが
貸与型は返済しなければならない、給付型は返済なしだそうです。
で、日本には給付型は無い?というような内容でした。
(間違っていたらスミマセン)

だから、テレビに出ていた人は返さなくてはいけないけれど
アルバイトのお金だけでは無理なようでした。
アルバイトの時間帯も時給がいい夜勤務として
その合間をぬって就職試験勉強をしてるようでした。

就職試験とは?

彼の夢は「公務員になること」でした。

少し驚きましたが
これも時代の流れなのでしょうね。。。

このように経済が不安定だとわからなくもありません。
この時代の若者が安定した就職をと考えれば
「公務員」しかないのかもしれません。


一流大学を出て一流企業へ就職。
終身雇用で老後の保障もバッチリ、悠々自適な生活を送る・・・

今の時代、こういう図式が当てはまらなくなりました。



いや、あえてこういう時代を選んで日本は発展してきたのかもしれません。

高度経済成長期をへて日本経済は世界でも有数の先進国となりました。
経済的物質的豊かさを経験してきた後は
精神的豊かさを求める時期に来ているのかもしれません。

正確には、求める時期ではなく
気付く時期と言ったほうが適切かもしれません。


今後の日本経済を動かすのはお金ではなく
一人一人の気持が重要となってくるような気がいたします。

募金サイト イーココロ! にほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へ

COMMENT 5

Tue
2009.10.27
23:40

日伸建設小西 #-

URL

小西です
自分に会った仕事を探すのは大変な事かもしれませんね。でも私の若い時も今の様な時期がありましたよ。
でもいつの時代でも前向きに進ま無くては自分の人生を無駄に過す事になりますね。今の時代は物質的には豊かになっていますが、精神的には寂しくなってきていますね、こゆう時代こそ一人一人が気持ちを理解し合える時代を築きたいものです。学歴の競争の時代は人の気持ちを寂しくしますね。

Edit | Reply | 
Wed
2009.10.28
13:41

ビルダーナース #-

URL

歴史を振り返ればどの時代も、きっとそれなりに厳しい環境だったのだろうと思います。
依存心があるうちは、環境や人にせいにしてしまいがち。
でも大事なことは、自分がどうありたいのかですよね。

家づくりもこれからは、ローンを借りてまで立てる必要があるのかを考えたほうがいいかもしれません。
所有しなければ幸せな生活が送れないわけじゃないですものね。

Edit | Reply | 
Wed
2009.10.28
16:43

haracyu #-

URL

小西さんへ

小さいころからテストの点数で優劣をつけてきた教育、その結果生まれた競争社会は、これから少しずつ衰退していくと思います。有名な○○大学出身だとかに依存しているうちは人本来の素晴らしさに気付く事はできないでしょうね。これからは人が本来持っている「人を思いやる気持」が大切な時代にさしかかっていると思います。

Edit | Reply | 
Wed
2009.10.28
17:03

haracyu #-

URL

ビルダーナースさんへ

確かに今厳しい時代だといいますが、おっしゃるようにいつの時代でも厳しさはあったと思います。それを誰かや環境のせいにしては本末転倒ですよね。それから家のローンについても同感です。お客様の気持を煽ってまで家を建てさせようとは思いません。現に私は賃貸住まいですが新築でなくても十分に幸せな生活をさせていただいています。また、家も建てる時がくればその時に建てればいいと思っています。その時が来なければそれはそれで良しと考えます(笑)

Edit | Reply | 
Thu
2009.11.05
12:24

WAWAWA@ガーデンハーモニー #L1x6umnE

URL

少し前の記事になりますが・・・

モノや経済の時代ではなく、お金の時代。
今、ものすごい大きく価値観そのものが変化している、変革の時代であることは、確かだと思います。でも、その変革そのものも、今までのように「見えるもの」ではなく、心の変革ですから、まだまだ気づく人が少ない。今の私達は、すごく特殊な時代の局面にいるんだろうなぁ~と思う時があります。

Edit | Reply | 

WHAT'S NEW?