100%責任

 20, 2011 20:03
今日、約1年前に倉庫を改築したお客様を訪ねました。


建築当時は気候も良かったこともあり気がつかなかったのですが
竣工後の梅雨時期から夏場にかけて
ものすごい湿気に悩まされました。


色んな手を尽くしてみたのですが
なかなか改善されませんでした。


それから
秋となり冬が来て湿気の猛威は無くなりましたが
根本的な改善はできていない事は百も承知でした。


気にはなってたのですが
日常業務の忙しさに、どこか紛らせていました。

さらに情けない話ですが
やや足が遠のいていたことも事実です。



今日、訪問予定ではなかったのですが
ちょうど近くを通った時に「寄ろう」と思ったのでした。

約半年の間、解決策をイメージしていた私は
お施主様に改善策をお話しました。

お施主様も「こうしたらいいんじゃないの」といった意見もお持ちでした。

そんな話し合いの結果は
「またお施主様から連絡をいただく」ということになりました。

梅雨が来る前に、と思っていましたが
お施主様にもお考えがあるようでしたので無理にはすすめませんでした。



帰り際にお施主様から掛けられた

「気にかけていただいてありがとうございます」

の言葉に

胸が張り裂けそうな思いがしました。



100%責任を持って改善します。



にほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へ

COMMENT 0

WHAT'S NEW?